2010年4月12日月曜日

4 ■えへへ。

茨木のり子さんの詩が好きです。

出会いは
文学座の一期上の方に卒業の時いただいた
『汲む』
でした。
今でもベッドの傍に置いてあります。
つー と涙が出ます。
私の過去やいろんなものをひっくるめて
急いで越えなくて良い壁もあると。
沢山のものの中から、
これを選んで私に贈ってくれたこと
感謝しています。
他の詩も とても素敵です。
色んな風が胸の中を吹き渡りますよ。
嵐にもなります。


『汲む』

大人になるというのは
すれからしになることだと
思いこんでいた少女の頃
立ち振る舞いの美しい
発音の正確な
素敵な女のひとと会いました
その人は私の背伸びを見すかしたように
なにげない話に言いました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね 堕ちていくゆくのを
隠そうとしても
隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとし
そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたって
いいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は
少しもなかったのだな

年老いても咲きたての薔薇 やわらかく
外にむかって開かれるのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと・・

わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました
たちかえり
今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです。

4 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    本当に、いい詩(言葉)です…

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��Qとんさん
    ですよね。
    いつも、何か詰まったときには
    これを読み返しているのです。。。

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS:
    いい詩だね
    教えてくれてありがとです
    なんだか
    あまりにタイムリーだったもので、びっくりあたふたしてしまうぐらい、たじろいで
    そして、嬉しくて泣けてきた
    すてきなプレゼントだね
    おすそわけ ありがとう!

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS:
    ��マーシャさん
    いいですよね。
    私もいつも 励まされる詩です。
    おすそわけできたのなら
    とても嬉しいです♪

    返信削除