2015年2月17日火曜日

雪が綺麗でしたね。



DULL-COLORED POP
『夏目漱石とねこ』

無事、終演致しました。
座・高円寺は非常に暮らしやすい劇場で、舞台上でぐっと張りつめた気持ちで出ずっぱりの私たちの救いのひとつでした。

連日、たくさんのお客様に観て戴けて本当に嬉しかったです。
ありがとうございます。
観てほしい!という方は日程合わず、まさか来てくれるなんて!という方がいらしてくださったり。

座組みにも恵まれました。
人の運がめっぽう良いのだなと、確信しました。
雰囲気作りから、人物の立ち上げ方、画を俯瞰で捉える目、など、間近で感じることが出来て幸せでした。


帰り道はやはりさみしく。
キャリーケースからはみ出た戦友トラくん
(今回私は雄のトラ猫と、漱石が幼少期にいた塩原家の女中、お縫という二役で、110分中90分は抱きしめていた猫のぬいぐるみ3匹のうちの1匹、トラくんを記念にいただいたのです。)
に励まされながら一緒にとぼとぼと歩きました。

次へ、踏み出さなければ。
あまりに心地よい場所だったので、今日が休演日ならいいのにと思ってしまう。
ダルカラの英人くんも
「別に今日、休演日ではないんだよな。」
と、呟いていたな・・

みなさま、心から、ありがとうございました。
またお会いできる日まで。



大西玲子

0 件のコメント:

コメントを投稿