2015年6月16日火曜日

文月のお誘い。




こんにちは。
お元気ですか?

この夏、青☆組のリーディング企画を
再びあの目白の古民家ゆうどにて行います。
写真は、外からみたところ。
お庭も趣がありますね。


ゆうどの綺麗な井戸水で美味しいお茶を入れて
お待ち致しております。




青☆組
『 青色文庫 -其弐、文月の祈り- 』

風の音、床の軋み、水を汲む音、古民家に流れるひとつひとつの自然の音を柔らかな伴奏にして、ことばを奏でる俳優達。
吐息や衣擦れさえも聞こえてきそうな、小さな畳の部屋での上演は、劇場とは一味違う特別な時間。
古民家の慈しみある空気の中で、音読されることば達とゆるやかに戯れる極上の時間をお楽しみください。
これは、ことばの音読展覧会。
夏のひと時、ことばが息吹となる瞬間に、ぜひお立会いください。

其の弐として取り上げるのは、平和への祈りの物語。
色褪せぬ名作文学の中から等身大の祈りの言葉を集め、青色に紡ぎあげてお届けいたします。

作・演出:吉田小夏
会場:ゆうど(目白の古民家ギャラリー)
日程:2015年7月7日(火)-12日(日)
チラシ裏面を見る


■ プログラム
 『十二月八日』(原作・太宰治)  『野ばら』(原作・小川未明)
1941年12月8日、日米開戦のその日を、東京に暮らす若い主婦の日記として描いた太宰治の短編を下敷きに、戦時下の市井の人々の日々をユーモアと風刺と祈りを込めて紡ぐ新作ドラマリーディング。吉田小夏がかねてから演劇化を希望していた小川未明の名作、短編『野ばら』と同時上演。

『幸福の王子』(原作・オスカーワイルド) & 音読体験ミニワークショップ
2011年初演、音読展覧会のレパートリー作品である『幸福の王子』を"文月の祈り版”として、新キャストを迎え上演。お子様歓迎バージョンでは、小さなお子様にもお楽しみいただける演出でお届けします。ミニワークショップは『幸福の王子』をテキストに俳優陣と一緒にことばを奏でる楽しみを体験する時間です。見学のみもOK。演劇経験不問です。




【出演】・・・・ > 出演プログラム 

福寿奈央(青☆組) >/
藤川修二(青☆組) >
大西玲子(青☆組) >/
田村 元 > 
今泉 舞(てがみ座)>/
土屋杏文 >/


● チケット
予約/前売 2,200円
当日     2,500円
お子様券 500円(予約/前売のみ。♪の回限定)
*お子様券は未就学児対象。同伴の大人の方は一般料金となります。
*全席自由・日時指定

チケットのご予約はこちらから

【公演日時】
7月
7 日(火)15:00-  / 19:30- 
8 日(水)15:00-  / 19:30- 
9 日(木)11:30- / 15:00- / 19:30- 
10日(金)13:00- / 15:00-  / 19:30- 
11日(土)13:00- / 15:00-  / 19:30- 
12日(日)11:30- / 14:00-  / 18:00- 


= お子様歓迎 Ver.
= 昼涼み会(詳細は、近日告知!)

印の回は小さなお子様と一緒にご観劇いただける回です。ご了承の上、大人のみでも観劇できます。
印の昼涼み会は、上演ではなくイベントの時間となります。
* 受付、開場、共に開演の30分前です。開演時間を過ぎますとご入場をお待ちいただく場合がございます。
* 会場は、和式の古民家の一室となっております。椅子席をご希望の方はお早めにご来場ください。

【会場案内】
古民家ギャラリー「ゆうど」 -目白駅より徒歩7分


みなさまと、素敵な時間を過ごせますように。
お会いできるのを楽しみにしております。


大西玲子

0 件のコメント:

コメントを投稿