2017年9月16日土曜日

次回公演情報公開。

青☆組、次回公演の情報が一部公開となりました。 
ワクワクしています。
何度も出てくださっている方、長編初参加の方、まったくのはじめましての方……
これから、お互いに時間を掛けて色々な事を共有し、濃密な空間創りに励みます。
とても楽しみです。

劇団化5周年記念企画 第三弾
青☆組vol.24
『グランパと赤い塔(仮)』
作・演出 吉田小夏
日程:2017年11月 18日(土) - 27日(月)
会場:吉祥寺シアター

2016年にスタートした、青☆組 劇団化5周年記念公演の第三弾は、満を持してお送りする書き下ろし新作。
『星の結び目』(2014年)の姉妹編とも呼べる本作は、劇団の作風のひとつである「個人史の中の日本シリーズ」の最新作です。
作家自身の実在の先祖をモデルに、東京という町の、戦後の歴史の中で生きる市井の人々を、丹念に鮮やかに描きだす群像劇。
出演には、新人を含む劇団員の他、青☆組でお馴染みの実力溢れる客演陣をはじめ、多彩な個性を結集しました。
劇団としては2年ぶりの新作をお届けします。ご期待ください。

夕陽が照らす帰り道。
立ち昇る夕餉の支度の湯気が、そっと夜空を連れてくる。
白黒テレビに映るしゃぼん玉、ラジオから流れでる甘いタンゴ。
銭湯帰りに見上げる月を、ライカ犬を乗せた宇宙船スプートニクが横切ってゆく。
この高台の町の片隅に、戦前から続く工業所を営む一家が暮らしていた。

東京に、大きな空のあったころ。
祖母から聞いた話と、祖父から聞けなかった話。
その光と影を紡いで結ぶ物語。
作者が自身の先祖をモチーフに創作する新作は、戦後を生きた市井の人びとを瑞々しく描く群像劇。

【出演】
福寿奈央 
藤川修二 
大西玲子
土屋杏文
有吉宣人
  - 以上、青☆組

小瀧万梨子(青年団・うさぎストライプ)
田村 元
代田正彦(★☆北区AKT STAGE)
今泉 舞
石田迪子
竜史(20歳の国)
佐藤 滋(青年団)
細身慎之介(CAVA)
吉澤宙彦(演劇集団 円)

【公演日時】
11 ⽉18 ⽇(⼟)19:30
11 ⽉19 ⽇(日)14:00 /18:00 
11 ⽉20 日(月)19:00
11 月21 日(火)【貸し切り公演】
11 ⽉22 日(⽔)19:30
11 ⽉23 ⽇(⽊・祝)14:00/18:00
11 月24 日(金)【休演日】
11 ⽉25 日(⼟)14:00/18:00
11 ⽉26 ⽇(日)14:00/18:00
11 月27 日(月)15:00

=終演後に演出家とゲストによるアフタートークあり。詳細は随時こちらのページで発表いたします。

○開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。
○開演時間を過ぎますと、通常のお席にご案内できない場合や、ご入場をお待ちいただく場合がございます。

※チケット発売日:10月15日(日)8:00~より

〔一般〕   前売:4,000円 当日:4,300円
〔前半割引〕 前売:3,800円 当日:4,000円
〔学生割引〕 前売・当日 :3,500円 (要学生証)

●日時指定・全席指定。
●前半割引()の対象は、11月18日(土)、19日(日)の公演のみとなります。
●学生割引は、ご来場当日、学籍のわかるものをご提示ください。

【スタッフ】
舞台監督:今泉 馨 (P.P.P.)・川瀬 誠 (P.P.P.)
舞台美術:濱崎賢二(青年団)
照明:伊藤泰行
音響:泉田雄太 
衣裳アドバイザー:阿部美千代 (MIHYプロデュース)
演出助手:佐度那津季 (青☆組)・小林依通子・寺垣沙織 (無隣館)
宣伝美術:空
宣伝写真:髙階次郎
制作:岩間麻衣子 
主催・企画制作:青☆組  提携:公益財団法人 武蔵野文化事業団

協力: (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 阿部薫子 (株)ALBA うさぎストライプ 円企画 (有)エンパシィ 太田久美子 (青年団) ★☆北区AKT STAGE  (株)ケイセブン中村屋 Sai Co.,Ltd CAVA スターダス21 青年団 20歳の国 P.P.P. マッシュマニア MIHYプロデュース (有)レトル  舞台美術研究工房・六尺堂

0 件のコメント:

コメントを投稿